トップページ > 商品紹介 > 室伏弘子 型絵染め九寸名古屋帯(Salad)

商品紹介

室伏弘子 型絵染め九寸名古屋帯(Salad)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

「Salad」と名付けられた、室伏弘子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。

室伏さんは、1943年東京生まれ。東京都繊維工業試験場で研修後、福島輝子氏に師事されます。1981年には国展初入選、現在も国画会会員として作品の制作を続けられています。

室伏弘子 型絵染め九寸名古屋帯(Salad)
瑞々しい地色に映える挿し色…

「型絵染め」という言葉は、1956年に芹沢銈介氏が人間国宝に認定された際、その他の型染めの技法と区別するために考案された名称です。技法的には沖縄の紅型とよく似ています。

室伏さんをはじめ、作家と呼ばれる方達の作品は図案、型彫り、糊伏せ、彩色、地染めまで基本的に全て一人で行います。そのため分業の多い友禅や小紋染などとは違い、作家さんの個性や想い、感性が作品に強く表れます。

室伏弘子 型絵染め九寸名古屋帯(Salad)
縞御召と合わせて…

深みのある藍の地色に、まるで物語のワンシーンを切り取ったようなモチーフが描かれています。一瞬で心奪われる室伏さんの作品からは、染織にありがちな制約や堅苦しさを全く感じません。見ていて本当に心地よく、素直に素晴らしいと思えるのです。

こちらの作品は反物の端から端まで、一切無地場がなく、全て柄付けが施されています。(お太鼓裏部分も)ですので、名古屋帯にお仕立てすることはもちろんですが、大人の半巾帯として、お仕立てすることも可能です。

きっと私の拙い文章と写真では、この作品の半分の美しさもお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、手仕事の素晴らしさをご覧頂ければ幸いです。

*こちらの帯地は第95回(2021年度)の国展出品作の配色違いです。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

室伏弘子 型絵染め九寸名古屋帯(Salad)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約4.95m
【価格】
¥440.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • ざっくりとした小千谷紬の地に、“枝花文”が絞り染めによって描かれています。京都らしい艶やかな配色と絞りの柔らかな輪郭線が美しい、九寸名古屋帯です。友禅染めが生まれるよりもはるか昔から、&qu・・・
  • すっきりとした淡い刈安色の地に、桝重ねの文様が心地よい間隔で描かれています。"スクウェア"と名付けられた、友禅長襦袢地。生地は柔らかく、それでいて捌きの良い精華生地を使用しています。着物の・・・
  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する手描きジャワ更紗の帯地は、そんな染織の不思議な力にみせられた藤井礼子さんの・・・
  • 「今どきこんな美しい布はめったにないのです」民藝運動の父、柳宗悦の著書「芭蕉布物語」の一節です。沖縄県大宜味村喜如嘉(きじょか)。ここで平良敏子さんを中心に、かつて柳宗悦が訪れたこの地でみた芭蕉布の・・・
  • 「白い花」と名付けられた、岡田その子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。ほんのりと赤みを帯びた丁子色に、二輪の花をモチーフとしたデザインが、伸びやかな構図で描かれています。岡田さんらしい、どこか物語を・・・
  • ほんのり赤みを帯びた白橡色の地に、印度更紗が染められています。“細密画(さいみつが)”と呼ばれる技法で描かれた、ジャイ・パラカシさんの塩瀬名古屋帯地です。まず目に映るのは、タイコと前腹にた・・・