トップページ > 商品紹介

商品紹介

新着商品

  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 控えめながらも、女性らしい華やかさを感じる淡い桜色の地に、手描きの糸目友禅で「貝合わせ文様」が描かれた京友禅の絽付下(夏物)です。長い時間をかけて磨かれてきた古典的な文様を、現代の感性を生かした構図・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「梅」と「・・・
  • はんなりと…京友禅らしい柔らかな薄勿忘草色に、手描きの京友禅で「御所解き文様」が描かれた、九寸名古屋帯です。しぼを抑えた、適度な厚みのある縮緬生地。白上げの御所解き文様に映える、刺繍と金彩。・・・

おすすめ商品

  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない濃藍色の地に、手描きの京友禅で「銀彩華文(ぎんさいかもん)」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。適度な厚みのある重目の塩瀬生地。深みのある地色に映える銀彩。意匠、彩色共に・・・
  • 軽めのシボを感じる縮緬生地に、手加工のろうけつ染め(ローケツ/蝋纈)で雪輪重ねの文様が染められています。顔映りの良い灰白色(かいはくしょく)の地に、薄縹色(うすはなだいろ)の雪輪が映える小紋の着物地です。・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい裂作りをはじ・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「山桜」を・・・
  • どんな言葉で表現すれば、この織物のふんわりと優しい質感がお伝えできるでしょうか。他のどの産地、作り手のものとも異なる、唯一無二の"絹味"。"手おりの中の手織"と名付けられた、廣瀬草・・・