トップページ > 商品紹介

商品紹介

新着商品

  • 「夾纈花文(きょうけちはなもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。しっとりと深みのある黒檀色の地に、正倉院の宝物から範を得た抽象的な花柄が織り出されています。手織りならではの驚くほど柔らか・・・
  • 国の重要無形文化財として技術保存の指定を受け、織物の最高峰として愛される本場結城紬。数百年もの昔から糸を紡ぎ、絣を括り、機で織る。その長い長い工程の全てが、人々の手仕事によって受け継がれてきました・・・
  • 柔らかな空五倍子色(うつぶしいろ)の地に、“緯吉野(ぬきよしの)”と呼ばれる織組織で間道文様が表現されています。反物に触れただけで分かる独特の糸使い。草木で染め手織に拘る、藤山千春さんの吉野・・・
  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • こっくりと…引き染めらしい深みのある赤墨色の地に、手描きの友禅で「笠松」が描かれた京友禅の付下です。こちらの付下は生地・地色を指定し、弊店の別注で制作をして頂いたもの。手描き友禅ならではの柔・・・
  • 艶感を感じる淡黄色(たんこういろ)の地に、“厚板綾格子”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“倭錦(やまとにしき)”。軽くしなやかな地風に、絵緯(文様を織り出す緯・・・

おすすめ商品

  • シンプルな小町(千両)形の台に、白地に蒼色が映える小紋柄の花緒を挿げた桐下駄です。すっきりとした台と花緒の組み合わせはコーディネイトの巾が広く、浴衣や帯の色も選びません。ついつい後回しになりがちな小・・・
  • 柔かな紋意匠の地に、「竜胆」と名付けられた文様が染められています。人間国宝玉那覇有公さんの琉球紅型九寸名古屋帯です。現在も様々な染織の技法が受け継がれる沖縄にあって、唯一の染物である琉球紅型。元々・・・
  • 「琵琶螺鈿文(びわらでんもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。光の角度によって表情を変える、深みのある蝦色(えびいろ/深赤紫色)の地色。宝相華(ほうそうげ)と呼ばれる正倉院に伝わる琵琶にあしら・・・
  • 「賑やかな秋」と名付けられた、国画会佐藤百恵さんの型絵染め九寸名古屋帯です。柔らかな生成り色の地に、秋色に色付いた葉っぱや木々が染められています。佐藤さんが師事された柚木沙弥郎さんもそうですが、帯・・・
  • 三年前、偶然見かけた一枚の布。私の中で何かが閃き、一瞬で心が奪われました。伸びのあるデザインに、シンプルで心地よい配色。一枚の布から感じた印象は、その後初めてお会いした”大木夏子さん”そのものでした・・・
  • 「ベネチア唐草文」と名付けられた、洛風林の袋帯です。深みを感じる黒色の地に“唐草”をモチーフにした意匠。本歌ははっきりと分かりませんが、日本でも古くから愛されてきた唐草文様を、洛風林らし・・・