トップページ > 商品紹介

商品紹介

新着商品

  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する築城則子さんも、そんな染織の不思議な力にみせられた一人。骨董店で偶然出会っ・・・
  • *こちらはきものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の知花くららさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立てとなっております。透明感のある淡柳色(やなぎいろ)の地に、「ムーア唐草文」と名付け・・・
  • 深みのある深錆藍色に、「縞熨斗目(しまのしめ)」と名付けられた文様が織り出されています。"新しい西陣織"を手掛ける、美術工芸啓(びじゅつこうげいひらく)の九寸名古屋帯です。美術工芸啓は、西陣で修業を重ね・・・
  • どんな言葉で表現すれば、この織物のふんわりと優しい質感がお伝えできるでしょうか。他のどの産地、作り手のものとも異なる、唯一無二の"絹味"。"手おりの中の手織"と名付けられた、廣瀬草木染織工芸・宮嶋春子・・・
  • 控えめながらも、女性らしい華やかさを感じる桜色(さくらいろ)の地色に、花菱文を取り囲むように、蝶や花弁ようにも見える"花菱華文"が描かれています。白上げの友禅と手刺繍が美しい、刺繍の付下着尺です。長い・・・
  • *こちらは美しいキモノ2018年春号(2018/2/20発売)に、掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(反物)となっております。深みのある錆藍地に、大胆な斜め松皮取りの辻が花文様が染められています。絞りの柔らかな・・・

おすすめ商品

  • 竺仙の定番生地、綿紬の浴衣です。細かな縞柄を織り出した落ち着きのある錆藍地に、草花丸文を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿糸を紬織の様に織り上げた綿紬は、シャッキリとして着やすい独特の風合い・・・
  • 控えめながらも、女性らしい華やかさを感じる桜色(さくらいろ)の地色に、花菱文を取り囲むように、蝶や花弁ようにも見える"花菱華文"が描かれています。白上げの友禅と手刺繍が美しい、刺繍の付下着尺です。長い・・・
  • 瑞々しい淡い水色と薄群青色(ぐんじょう)の青みの濃淡が、縞を基調とした経絣で表現されています。反物を持っただけでわかる軽やかな風合い。手で糸を紡ぎ・草木で染め・手織で織り上げた、士乎路(しおじ)紬のき・・・
  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。シンプルな白地に、濃藍と緑みのある金茶色で割付草花が注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてき・・・
  • *こちらは美しいキモノ2018年春号(2018/2/20発売)に、掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(反物)となっております。深みのある錆藍地に、大胆な斜め松皮取りの辻が花文様が染められています。絞りの柔らかな・・・
  • 日本最西端の島として知られる、沖縄県与那国島。台湾まで100km程のこの島で、琉球王朝の時代から続く独自の染織文化が、今も島民の方々によって守られています。年間約80反。沖縄各地で織られる“花織”の中でも極・・・