トップページ > 商品紹介 > 竺仙 長板本染中形浴衣(大小あられ・藍地)

商品紹介

竺仙 長板本染中形浴衣(大小あられ・藍地)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

さらりとした綿縮に、「長板中形」と呼ばれる伝統的な技法で、大小あられと菖蒲が染められています。藍と白、シンプルですっきりとした、まさに江戸好みの浴衣地です。

長板中形(長板本染とも)は、板場に渡した長板に生地を張り、両面に寸分違わず糊置きをする大変高度な技法です。白と本藍のコントラストが美しい江戸好みの伝統的な技法ですが、年々職人が減り生産反数も少なくなっています。

竺仙 長板本染中形浴衣(大小あられ・藍地)
博多織の半巾帯を合わせて…

こちらの反物は、大小あられと菖蒲、片面ずつ異なる型紙を使い染められています。浴衣としてはもちろんですが、自然布や博多織の八寸などを合わせて頂くと、「夏の気軽な小紋」そう表現する方がしっくりくるコーディネイトです。

上質な生地と昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてきたそのデザインはシンプルですが、不思議と飽きることがありません。大人の浴衣として、長く着て頂けるきっとそんな一枚になるはずです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。


■お仕立てについて
お手入れ時の縮み軽減のための水通し後、弊店にて裁ち合わせを行います。その後弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
ご家庭での水洗いが可能です。洗剤は使わず、やさしく押し洗いして下さい。色落ち、縮みが気になる場合は、ドライクリーニングをおすすめします。いずれも自己責任でのお手入れとなりますので、品質表示をよくご確認下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

■長板本染中形について
長板本染中形は、長板を用い布地の表裏両面に寸分違わずに型付け(防染糊を置く事)をし、本藍で浸染するという、江戸時代中期末より行われている技法です。中形は、大紋・中形・小紋と分かれる模様の大きさからの名称で、浴衣に染められることから、浴衣の代名詞となっています。江戸の伝統を継承した、小紋と言えるほどの精緻な模様を錐彫りで表した中形を特に小紋中形といいます。 一反ずつ念入りに型付けされ、本染めされた伝統的な江戸浴衣は、堅牢でありながらも優美で、まさに夏のきものの主役にふさわしい物です。*竺仙説明文より

竺仙 長板本染中形浴衣(大小あられ・藍地)

【素材】
綿100%
【生地巾】
約36.2cm
【生地丈】
約12m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 艶感を感じる淡黄色(たんこういろ)の地に、“厚板綾格子”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“倭錦(やまとにしき)”。軽くしなやかな地風に、絵緯(文様を織り出す緯・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地に可愛らしい梅鉢を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽目が不規則・・・
  • こっくりと…京友禅らしい濃青墨色の地に、手描き友禅で「宝尽くし」が描かれた塩瀬名古屋帯です。たっぷりとした重目の塩瀬生地。深みのある地色に映える、糸目と金彩。長い時間をかけて磨かれてきた古典・・・
  • 落ち着きを感じる淡い灰茶鼠の地が、自然の色そのままの重なりで織り出されています。糸そのものの息遣いを感じる、藤布(藤織とも)八寸名古屋帯です。絹や木綿が普及する遥か昔より、人々の生活に寄り添ってきた・・・
  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。&・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・