トップページ > 商品紹介 > 浅岡明美 綾織九寸名古屋帯(縞)

商品紹介

浅岡明美 綾織九寸名古屋帯(縞)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

瑞々しい白地を背景に縞模様が織り出されています。辺りを山に囲まれた静かな環境で、糸作りから織りまでを一人でこなす浅岡明美さんの九寸名古屋帯地です。

1960年、千葉県で生まれた浅岡さん。女子美術大学でデザインを学び、卒業後、民藝の父と呼ばれた柳宗悦の甥、柳悦博氏に師事されます。

『柳先生は見て覚えなさいという感じの人で、私は分からないことがあるとすぐ柳崇さんに尋ねていました。崇さんはとても丁寧に教えて下さるんです。笑 先生が二人という贅沢な感じでした。崇さんには今でも何かあると直ぐに電話をしています。もしかしたら煙たがられているかもしれません。笑』

決して飾らず自然体。そんな彼女の雰囲気が作品にも表れています。独立後は自宅兼工房で制作を続けられています。


浅岡明美 綾織九寸名古屋帯(縞)
光によって表情を変える色…


綾織と呼ばれる織組織を得意とする浅岡さん。艶のある地風と、光によって生まれる陰影が作品の色に深みを与えています。

『糸作りはとても時間がかかります。そして仕上がりを左右する大切な仕事。「良い糸を丁寧に準備してあげると、美しい作品になるよ。」そんな先生の言葉はよく覚えています。』

染料は植物染料を基本に、化学染料も重ねるなど、独自の色彩と堅牢度を高める実用性を兼ねた美しさを追及されています。


浅岡明美 綾織九寸名古屋帯(縞)
結城縮と合わせて…


こちらの帯地は私のオーダーで浅岡さんに誂えて頂いた作品です。
「浅岡さんの出す赤の色が好きなので、そのイメージで縞をお願いできませんか…」そんな私のオーダーに、浅岡さんが見事に応えて下さいました。

まず目に映るのは、白と赤紫の美しい色のバランス。そしてよく見ると単純な縞ではなく、細かな経絣が所々に織り込まれ、帯地に深みを与えています。

きっと私の拙い写真では、この帯地の美しさの半分もお伝えできていないと思います。織物から小紋や色無地などに合わせて…お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

浅岡明美(あさおかあけみ) 略歴
1960年 千葉県に生まれる
1982年 女子美術大学卒業後、織物を志し柳悦博氏に師事。独立後国展に4度出品・入選。
2008年 グループ展「風と桜の會」
2010年 グループ展「風と桜の會 第2回」
現在 千葉県内にて創作活動


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

浅岡明美 綾織九寸名古屋帯(縞)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「貝花文」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。瑞々しい白地に、花弁のようにも見える巻貝をモチーフとした文様。手織りならではの驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが表現されてい・・・
  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する手描きジャワ更紗の帯地は、そんな染織の不思議な力にみせられた藤・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「山桜」を・・・
  • 「今どきこんな美しい布はめったにないのです」民藝運動の父、柳宗悦の著書「芭蕉布物語」の一節です。沖縄県大宜味村喜如嘉(きじょか)。ここで平良敏子さんを中心に、かつて柳宗悦が訪れたこの地でみた芭蕉布の・・・
  • 瑞々しい淡生成り色の地に、「波涛海浜文様」と名付けられた文様が織り出されています。ふっくらとした絵緯(えぬき・文様を織り出す横糸)が印象的な唐織袋帯です。適度な張りのある、さらりとした地風。躍動感の・・・
  • 野村半平(のむらはんぺい)氏をご存知でしょうか。明治37年結城市で生まれた野村半平氏は、高等小学校を卒業後、結城紬の職人の道へ。戦中の奢侈禁止令から結城を守り、国の重要無形文化財指定に奔走した、まさに・・・